FC2ブログ

セピアレコード(ぽわぽわP)

 ぽわぽわしたサウンドのエレクトロニカが特徴のボカロPさん。古川のろさんことぽわぽわP。
 それまでも高い評価を得ていましたが、そらのサカナにて殿堂入りを果たした要注目の方です。そのファーストアルバムです。一枚がストーリー仕立てになっているアルバムです。それでは参ります。
1.intro=セピアレコード

 物語「ブラウン」より これはルカがボーカルでしょうか(語りですが)。旅の始まりです。鍵をかちゃかちゃさせて靴を履いて、でかける準備をしている演出が良いです。うわんうわんしているギター?と音圧高めのドラム(ちょっとブレイクビーツっぽい)が心地いいです。歌詞にあるような朝の描写が頭に浮かびます(stoyの解説を見る限り、旅に出たのは病気の少女・ミームです)。


2.ジニアとミーム

 ボーカルはルカ。ゆったりぽわぽわした音。ドラムのスネアのゆったり感が素敵です。後で出てくるブラウンのメロディーがオケに使われているところも必聴。ぼくら、というのはジニアとミームでしょうか。
 いつかやってくる旅の終わり、いずれやってくる別れを、優しくルカが歌い上げています。あの僕にはさよなら、という歌詞がとても意味深です。聴く毎にじわじわと好きになっていく不思議な曲です。


3.one dramatic etc...

 ファンタジー色の強いアルバムかと思っていたのですが、この曲は現代的な描写がたくさん散りばめられた歌詞になっています。ボーカルはミク。ドラムのリズム(何拍子かはちょっと詳しくなくて分からないのですが)が好きです。サビ前の演出(ノイズがザ、ザ、と入る当たり)が良いですね。歌詞もこれ以降明るいものに変わっていっていて、オケに入っているストリングスの数も増えていて素敵です。聴いているとほっこりしてしまいますw


4.おやすみエクスプレス

 ストリングスのぽんぽん弾かれている音が好みです。ブラウン視点の曲・・・・・・でしょうか? 
 可愛いミクの歌声なんですが、淡々と歌われていて、歌詞も切なくて、胸にぐっときます。でも転調したところでちょっとだけ救いがあるような・・・・・・(それでも切ないことには変わらないのですが)。オケの優しい感じが卑怯なくらいです、とても良い曲です。


5.ココロノコリと浮遊

 ボーカルはミク。ジニアとブラウンが登場しています(多分)。ぴこぴこサウンドに似たシンセの音が綺麗です。歌声とオケに浮遊感が出ているなぁと感じました。独りぼっちになった雰囲気も出ています。
 「あらゆる過去に意味はあったの?」という問いかけがぐっときます。もうブラウンはこの世にいないのでしょう。
 浮遊していったブラウンを歌いながら、心に残るお互いの苦しみも歌っている。曲の雰囲気とは違って、心の中の葛藤が見えるような気がします。


6.ブラウン

 ボーカルはミク。オルゴールを鳴らすような演出が素敵。出だしのブレスにどきっとするのは私だけではないはずです。ブラウンという人物を歌った歌。個人的にアルバムの中で一、二を争うほど好きな曲。
 優しい曲調で諭すような歌声。ここでジニアとミームでも流れたメロディーが使われています。ベースのラインもぼーんぼーんと鳴るのが優しくて凄く良いです。
 泡や水、浮かびはじけて消えるといった言葉の使い方がとても儚くて綺麗なので、歌詞もじっくり見て聴いてほしい一曲です。


7.stoy

 これもブレスが美しいエレクトロニカです。ボーカルはルカ。ピアプロの解説にあるので、ミームの曲です。旅に出て、ジニアとの出逢いまでを歌っています。個人的にブラウンと同じくらい大好きです。
 架空言語なのに、英語に聴こえる不思議な歌声が魅力。言葉を失ったミームの、心の言葉なのでしょうか。
 オケは基本繰り返しになっているのですが、語りが入った後、ギターが入ってきた一瞬ぐっと曲が盛り上がり、引き込まれていきます(ドン・・・・・・チャッという音の使い方が個人的にとても好きです)。そして静かにフェードアウトしていく、美しい一曲です。きいろい はさみ くろいかみ というのはピアプロの解説にある通り、999にて明かされています。


8.ブラウン b.z.m -mix

 stoyで一端物語を区切って、ここからremixゾーンに入っています。アレンジはンジャメナP。
 原曲の雰囲気を残しつつ、リズムはワルツのようで、身体を思わずゆっくり揺らしたくなります。ギターが物凄くオシャレなアレンジになっています。じっくり聴かせるアレンジで素敵ですね。


9.one dramatic etc... itikuraRemix

 アレンジは市蔵さん。ボカロ曲の素敵なアレンジ曲を発表されている方です。ボーカルは原曲と違ってmikiを使われていらっしゃいます。ウッドベースの音が良いですね、オシャレです。ずんちゃっちゃずんちゃっちゃのリズム。間奏のシンセパートもかっこいいですよ。


10.そらのサカナ
 
 remixを二曲挟んでぽわぽわさんの曲で初の殿堂入りを果たした一曲です。ボーカルはミク。恐らくブラウンの視点から。
 出だしの水をコップに注ぐ音が素敵です。この曲全体が物凄く好きなので、語りますw
 ドラムンベースは音圧高めのキックが心地よく、たゆたうように小さく流れる音も透明感あって美しい。サビ手前で静かにギターを入れ、ドラムが混じってだんだんと盛り上げていき、「さよなら!」のところでぶわっと広がるオケ。初聴きの時、鳥肌が背中に走ったのは言うまでもありません。
 サビはループかと思いきや、二回目の「さよなら!」でドラムンベースのリズムが細かく刻まれて更に盛り上げていく。この曲は本当に名曲だと思います。
 歌詞もたゆたうような世界観で、この世からいなくなったブラウンの想いが表現されていて好きです。ステレオな思い出、という言葉がちょっと切なくて、何故か美しいと感じます。ああ、大好き過ぎて生きるのが辛い・・・・・・←


11.999

 先ほどのstoyにリンクする曲。ボーカルはミクです(低い声で歌われるのは珍しいですね)。ジニア視点の曲(ネタばれになるので重要な部分は書かないでおきます)。歌詞を見ると、stoy以外にもセピアレコードとそらのサカナともリンクしているようです。
 ドラムのスネアとベースが好み。最後の問いかけも、静かに聴かせてくれます。そして最後に、テレビを消すように終わっていく。この物語に一端区切りをつけるような、そんな終わり方です。ミームはジニアの問いかけに、何と答えたのでしょうか。


12.bornus truck

 ぽわぽわさんが自分の曲で一番気に入っていると言っていた曲です。タイトルは内緒にしておきます(気になる方はニコニコでご確認くださいw)。ボーカルはミク。
 ぽわぽわの所以となった一曲で、とてもぽわぽわした綺麗な音が特徴です。癒されます。朝聴きたいですね。



まとめ

 主にジニアとミーム、そしてブラウンの視点で進行する曲で構成されたアルバムです。ストーリー性のある曲が苦手だという方でも、オケの構成が物凄く良いのでオススメです(特にそらのサカナは聴いて損は無いと思います)!
 この世界観を読み解いていくと、物凄く広い冒険の始まりなんだな、と思いました。まだまだ彼らのストーリーは続きそうだ・・・・・・と(変拍子コンピにもジニアとミーム関連の曲が収録されていますし)。今後の展開も物凄く楽しみです。

 CD通販はされないということでしたが、KarenTにて配信されていますので、興味をもたれた方はそちらで。


↓以下は見たい方のみ


 それとこれはあまり書きたくないのですが、動画の方で聴くと、年齢のことに関するコメがたくさんあり、中にはご本人のことも良く知らずに心ないことを書いているコメが見受けられます。音楽に年齢は関係ありませんし、ご本人はそのことで頭を悩ませていらっしゃいます。親近感が湧いた、とか若いけど凄い、若いのに生意気だ、と心の中で思われることは結構だと思いますが、そういったコメはしないよう、一視聴者としてお願いします。
 悩み、それでも一歩ずつ音楽と共に進んでいっているぽわぽわさんを、私はこれからも応援したいと思います。

 ただ、けっしてこのことを書きたいがためにこのレビューを書いたわけではありません。書こうと思っていた矢先にそういった事態が悪化しているようでしたので、書かせて頂きました。




クロスフェードです


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。