JSL(女子力宇宙開発研究所)

 またもお久しぶりです。もうすぐ来年ですね。クリスマスの夜はとても寂しくほっと●っと弁当で済ませた管理人です。

 さて今年最後にレビューしますのは、サークル「女子力宇宙開発研究所」のコンピアルバム、「JSL」です。参加者はみさくらさん、くぇさん(ナイーヴP)、takeさん(破P)、ねこぼーろさん、B-Lineさん、さん、nuts rockさん(BRBRP)、osuさん、灯下はこ、さん、ぬこさん。※女子力と銘打ってありますがメンバーの性別の比率について深く考えたら負けです

 それではレビューまがいの感想へどぞー。
1.風花 / みさくら

 一曲目はみさくらさんの曲(恥ずかしながら初見です)。ロックサウンドに乗ってルカが歌います。タイトル通りといいますか、冬の冷たい空気や、切なさや痛みが伝わってくる曲になっています。特にギターの響き方がじわじわと耳に刻みつけられてすごく好きです。間奏のギターソロも切なさとかっこよさの両方が備わっていて必聴かと! 最後はオケがぱっと止んで、小さくギターが鳴るところも曲の余韻を残していっていて、そこがまた良いです。


2.ルシッドドリーミング / くぇ

 「醗酵ダイオード その一」レビューで取り上げた、くぇさんの一年ぶりの新曲です。この方の新曲をどれほど待ち望んだことかw 歌詞は灯下はこ、さん(桃華なゆたさんの改名)です。この二人のタッグは外れないので好きです。
 ピコピコしつつ、ピアノの旋律がとても気持ちよく、ブレイクビーツなオケがたまりません(つまるところ全部良い)。ポップでニカな感じなので、エレクトロニカに縁のない方でも違和感なく聴けると思います。歌詞もひとつの物語になっていて、思わず解釈してしまいますw すごく可愛いです。
 個人的なお気に入り部分はCメロです。ここから最後へのサビの繋がりが最高ですw


3.Ip-sci.cngr / take

 takeさんはくぇさん同様、醗酵ダイオードのメンバーですが、今年になってレーベルGINGAのメジャーコンピアルバム「a galaxy odyssey」(他のメンバーも超豪華です。オススメ!!)に参加し、一躍名前を知られた方です。ふわぴこぐしゃっ!!なブレイクコアを主体とした曲を多く発表されており、P名もそれが由来になっています。
 この曲も始めはゆったり、エレクトロニカかな? と思うとメロが進む度にドラムが入って来て、サビで爆発します。この爆発具合がすごく気持ちよいですw 脳汁出そうになります^q^。
 歌詞カードには(DELETED)としかありませんが、ミクがちゃんと歌ってます。


4.Ghoti salad / ねこぼーろ

 takeさんと同じく、レーベルGINGAのメジャーコンピアルバム「a galaxy odyssey」に参加した方です。
 過去の発表曲がぼからんにランクインしたこともあり、名前を知らないけど聴いたことある、という方もいらっしゃるかもしれません。優しいエレクトロニカを作られる印象があったのですが、この曲はブレイクコアです。takeさんに引き続き、という選曲順でそこに思わずニヤリとしてしまいました。ボーカルはミク。
 曲の世界観もそれまで発表したものと違った色があり、背徳感が漂います。そのダークさがオケとうまくマッチしてすごくかっこよいです。個人的に管楽器も入っていているのが面白いなと思って聴きましたw


5.scale / B-Line

 すっごく可愛くてポップな、元気になれる曲ですw ボーカルはリン。
 オケ全体に可愛くて明るくて綺麗な音が詰まっていて、リンの高い声が良く合っています。AサビからBメロへ向かうところで音の数も増えてテンションが上がって来て、Bサビでは身体を思わず揺らしてしまうこと間違いなしです。間奏もかっこいいので必聴! うまく自分の感じたことを言えないのですが←、この曲はすごくおススメです!! この曲の可愛さを是非聴いて感じて下さいw


6.縫合 / 翁

 醗酵ダイオードのメンバー、翁さんの一曲です。出だしからフルスロットル!! なロックです。ボーカルはミク。
 弾けるドラムと低音バリバリの厚みのあるギターがこれでもかこれでもかと唸るのがたまりません・・・・・・!! かっこよすぎて脳汁出そうです。ライブ感がすごくあって、この曲を実際にライブでやってほしいくらいですw 感情が爆発するようなオケですが、その中にも訴えてくる切なさが伝わってきます。個人的にBサビ後の間奏からCサビへのパートがすごく好きです。
 最初から最後まで勢いを失わずに駆け抜ける一曲です。とってもかっこいいですよ!!


7.アンダンテ・カンタービレ / nuts rock

 ボーマス16でシングル「ハルオト」を発表し、osuさんとB-Lineさんと共にコンピアルバム「EGGPLANT」を発表されています。
 ロックのようでエレクトロニカの要素もある曲で、個人的にシンセの零れるような音が入っているパートがすごくお気に入りです。歌詞はぬこさん。ボーカルはミク。
 リズミカルなメロディーと歌詞の言葉遊びがとても気持ちよく、踊るような曲調になっているのがとても印象的で、一度聴いたらハマる人は多いと思いますw まさにタイトル通りの一曲です。

8.Yes,the alpaca of seven animals has breakage later. / 翁&nuts rock

 6曲目、7曲目で登場した翁さんとnuts rockさんの曲です。この曲のみ両名作曲になっています。ボーカルはミクですが、どちらかというとボカロインストというべきかもしれません(サビはありますが、歌詞は表記なし)。
 同じメロディーを繰り返し歌うミクのループに、ロックサウンドが乗って展開していきます。かと思うとそのループがぐにゃっと歪んでサビに向かいます。ここからのサビへの広がりがとても好きです。


9.ひとりぼっち / osu

 トリを務めるのはnagで一躍名を知られたosuさんの曲です。ボーカルはミク。
 夕焼けに佇んでミクが歌っているような、そんなボーカルとオケの広がりがとても曲の世界観を如実に表していてとても好きです。聴いていて切ないのに何処か元気をもらえるようで、じんときます。泣くようなギターソロも必聴。卑怯なくらい全てが優しくて、癒してくれます。
 久しぶりに心を揺さぶられる素敵な曲に出逢えました。最初から最後まで聴くべき。最後まで聴いた時には、この曲の余韻にどっぷり浸っていると思います。


まとめ

 あっという間に1曲目から9曲目まで聴いてしまうアルバムです。それぞれの色がいかんなく発揮されていて、また時々コンピで見られるバラバラ感もなくよくまとまっています(大まかにジャンル分けすると、ロックとエレクトロニカでしょうか)。
 まとまっていてかつ最初と最後でアルバムの印象が変わっていくのも面白かったです(コンピだから当たり前なのかもしれませんが・・・・・・)。そしてまた最初から聴こうwと聴いてみるとまた違ってきて、何度も何度も聴きたくなってきます。スルメ要素があり、じっくり聴かせてくれるアルバムです。「Ghoti Salad」「ルシッドドリーミング」「Yes,the alpaca of seven animals has breakage later.」はニコニコで公開されていますし、通販も開始されています。気になる方はそちらも参考をば。


↓クロスフェードです
  
スポンサーサイト

Comment

はじめまして!!
ランキングからとんできました☆
せっかくなんでコメントさせてください♫

ルシッド〜がツボでした!!
いい曲を見つけられました♫
ありがとうございました!!

また、お邪魔させていただきます

Re: タイトルなし

 こちらこそはじめまして。
 紹介したアルバムの曲をお聴きになったのですね。曲を知るきっかけになれてとても嬉しいです!
 更新はのそのそとやっておりますが、気が向いた時にでもまたいらして下さいませ。ありがとうございます。
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。