AWARD STROBE HELLO (ぽわぽわP)

 また日が空きましたorz。こんにちは、私です。今回はぽわぽわさんの2ndアルバム「AWARD STROBE HELLO」を取り上げたいと思います。
 以前当ブログでも「セピアレコード」をレビューしましたが、レビューのタイミングをかなり逸してしまったので、今回は早めにと思ったのですがやはりこんな時期になってしまいましたorz。
 前回はジニアとミームを中心とした物語性の高いアルバムでしたが、今回は今までにぽわぽわさんが発表した曲と書き下ろし、アレンジャーによるリミックスが収録されています。
 中でもアルバムタイトルにもなっているストロボシリーズはこの作品の中心的な核ともいえるべき存在です。それでは参ります。ネタばれ的なものも含みますので、ご了承ください。
1.ハローストロボ

 やはり出だしはタイトルに沿ってこの曲。ストロボシリーズでは3番目に発表された曲です(1.さよならリメンバーさん、2.ストロボハロー、3.ハローストロボ、4.ストロボラスト、5.ストロボライト)。
 シリーズで共通するコード(このコードがドツボにハマって以来ファンです)と、ジャカジャカと鳴るギター、ミクの歌声で始まります。その前に発表されたストロボシリーズと違ってギターの音が入っており、曲の軽快さやポップさが特徴でしょうか。
 バックのミクの歌声がすごく耳をくすぐって好きです。メインのミクの歌声は物凄く可愛い声で、違いが出ている所も面白いです。
 「僕は生きる意味を探す リズミカルに音が跳ねるんだ。」この歌詞のメロディーが本当にぽんぽん跳ねるようになっていて、曲中でも個人的なツボです。カラオケで歌おうとすると、ここの部分がうまく跳ねる感じに歌えないのが難しいですw


2.おやすみの中おやすみ

 アルバム書き下ろし曲。もうイントロからマイリス余裕な心地良いコード(ギターの音でしょうか?)とメロディがたまりません。これだけでテンション上がってしまう管理人です。
 メロの高音と低音のミクのハモリが出てきますが、低音の方が陰鬱な雰囲気が出ています。これは勝手な予想でしかないのですが、現実の状態を表しているのかな、とか何とか思ってみたり。サビにむかうメロの直前は低音のハモリはなく、メイン高音のミクの歌声になっていて、思わずハッとさせられます。サビで何処か解放感を感じるのは、おやすみ・・・というその言葉があるからでしょうか。管理人にはミクさんが聴き手を優しく諭しているように聴こえてしまいます。
 またBメロからCサビに繋がる演出は光が確かに見えてくるような、ぞくぞく感があります。Cサビの歌詞はイントロのAサビと同じで、曲の世界が繋がった! と思いました。ここに到達するとヤバいです。ストリングスとかBサビでも使われているはずなのに、全く違う高揚感。すごく不思議でしたw
 最後は段々と眠りに入っていくようなフェードアウトが利いてます。最後の歌詞は歌われていないのかな・・・・・・でも歌詞カードのそこを見るとほっとします。


3.Equationx**

 DIVAをやりまくっている方にはなじみの深い曲かもしれません。リンちゃんの感情を叫ぶような歌声と歌詞の素敵さが最高な名曲です。
 DIVA参加曲とあってテンポは速めで軽快です。ぽっぽっぽっぽ・・・・・・という音から入ってくるイントロからメロ、サビへの流れが本当に自然です。オケもぽわぽわさんの特徴的な音が満載でたまりません(個人的にピアノとベースの音と進行が好きです)。サビの自分を探すような叫び、歌詞は必聴、必見です。
 軽快さだけでなく、Cメロではゆったりとしたリズム、とメロディになっています。後ろにドラムの音が入ってきてまた軽快さを取り戻して最後の転調したサビへ。メリハリが利いていてすごく好きです。
 この曲の最後の転調サビはかなりぐっときます。最後の「xが生まれた。」の「れた」の部分で低音に下がって曲をぐっと〆ているからかな、と。


4.怪盗・窪園チヨコは絶対ミスらない

 続けてリンちゃんの軽快なポップ曲。ギターやストリングス、生音に近いドラムの音(ハットの音がたまりません)と、前作のアルバムにはない音作りです。この曲のリズムの軽快さが思わず身体を揺らしたくなりますw 
 サビのハモリ、歌っているのはぽわぽわさんでしょうか? それともリンなのか・・・・・・すごく落ち着いた声なので気持ちいいです。
 AメロとBメロ?は違うメロディになっています。Aサビからの繋ぎがどんどん雰囲気が変わっていって、ゆったりBメロ、そしてBサビへ。演出が前半と違うので聴いていて面白いです。ここの変化、必聴ですw


5.ララララ

 呼び掛けるような歌詞が印象的な、アルバム書き下ろし曲。名前の通りぽわぽわした音が入っていて可愛いです。声はAppendミク。Sweetでしょうか? 油断すれば消えてしまいそうな曲の雰囲気ととても合った声です。
 曲の雰囲気はふわんふわんしているのですが、リズムの刻み方が軽快でスピード感も感じさせられます。
 サビのとぅるりら りら が言葉遊びのように歌われている所は可愛くて面白いです。ヴイヴイ鳴る低音も気持ち良いですよ。
 最後の方で少したどたどしげな鍵盤ハーモニカの音が入ってくる所が好きです。そしてリピートしてみると、気がつけばいつの間にかこの曲が転調していることに気がつくはずです←聴き入ってしまっていた


6.Human

 ぼっくっはうちゅーうじんなっのーさー♪
 イントロから大好きな一曲ですw 初収録は理科室コンピ。歌詞の世界観の面白さと意外性(歌詞は是非聴いてお確かめ下さいw)、軽快なメロディがとてもツボです。
 管理人がぽわぽわさんを初めて知ったのも、この曲がきっかけでした。あっという間にこの曲の世界観に引っ張られて、何だか良く分からないけれど最後の方ではそんなこと言わないでよ・・・・・・としんみりなってしまいました。タイトルといい、歌詞といい、本当に深いです・・・・・・。軽快で楽しい曲なのに、どんどん物悲しさが出てきて。最後まで聴くべき一曲だと思います。おススメです。ニコニコにはセルフカバー版もありますのでそちらも聴いてみて下さいw


7.ストロボライト

 アルバム書き下ろしの曲にして、アルバムの核になる一曲。鍵盤ハーモニカから始まります。
 歌詞が一緒なんだろ? とお思いかもしれませんが、この曲がシリーズの中でも一番成長したぽわぽわさんの姿が見えてくるような、新しい歌詞が盛り込まれています。
 ストロボラストの後に発表された曲で、ギターの他に鍵盤ハーモニカや鉄琴の音が加わっていたりして、温かい曲調になっています。ライトという名前もあってか、明るめで希望に満ちた雰囲気もあります。
 ミクの伸びるようなコーラスに
絡むように歌われる最後のサビがすごく好きです。


8.lifeworks

 EXITTUNESの「Supernova 5」に収録されたぽわぽわさんの曲です。ブレスの多めのミクの声が可愛いです。
 ピコピコ音のイントロが印象的。AサビからBメロへの繋ぎがミクの声がカットアップされていて面白いです。ドラムの自由奔放さも良いですね。
 展開の早い曲ですが、曲の世界の大きさには驚かされます。人間の持つ葛藤、それでも生き続ける歩みを感じます。曲の最後の赤ちゃんの泣き声の演出にはドキッとしました(ひょっとして生まれるその瞬間を歌っているんでしょうか・・・・・・)。


9.アストロノーツ

 ギターとドラム、簡潔なオケ、素直な歌詞がつづられた一曲です。これは是非、歌詞カードの歌詞を見つつ曲を聴いて下さい。
 メロディに大きな変化はありませんが、淡々と歌いつづられる歌詞が胸に響きます(というか率直なこの歌詞には、これがぴったりだと思います)。
 最後のサビではオケもさざなみのようにグワ~ッとやってきて、最高潮に達する所が素晴らしいです。
 ぽわぽわさんの完全復活を飾った曲として、これ以上のものはなかったように思います。


10.Good morning*Good Bye(ohayoooo Remix) /黒魔

 ここからはアレンジャーによるリミックスです。初めはじたばたPこと黒魔さんのRemix(CDケースの順番は逆になっています。正しくは歌詞カード参照)。黒魔さんはボカロPとして曲を発表しており、リンに歌わせたラストバトルで殿堂入りを果たしており、EXITTUNESの「Supernova 6」にも参加されています。
 跳ねる音が全体的にすごく気持ちよいです。ミクさんのカットアップが心地良くて油断した所に、ゆっくりの語りが入ります。まさか入っているとは予想外で思わず噴いてしまいましたwww


11.そらのサカナ(TONKATZ Remix) /とんかつ
 
 お次はきゅんきゅんPこととんかつさん。この方もボカロPとして曲を発表しています。ロリコムさんとも合同で曲を作ったりしていますので、知らず聴いている方はいらっしゃるかもしれませんw
 トランスにアレンジされており、さよなら、の浮遊感や広がりが更に広がった感じになっています(さよならの部分のオケはリズムが少し遅れて聴こえて面白いです。裏拍とも違うような・・・・・・)。低音のブワブワブワというのはダブステ?っぽくて好きです。
 トランスではありますが、「眠る私は思い出す」の辺りの静かになる表現がとても好きです。


12.ストロボラスト[lost shadow] /削除

 削除さんはBMS等で活動されている方で、こう、うまく言えないのですが、管理人は曲を聴いた時にフックを食らった気分になりました。ボカロ関連ではRemixを発表されています。
 ぶわ~っとじわじわ広がってくる音が脳天にガガッと来て、サブリミナル効果のようにストロボラストのイントロのあの音が入ってきます。ドラムの刻みが増えたり加工したり、どの音も頭に入ってきますw 聴けといわんばかりでうわああとなったところにサビです。サビは原曲にちょっと色を加えたような、メロと違って優しく響きます。でもサビで抑えていた表現がまたぶわっと弾けています。メロの攻撃的な音と違って、サビ後の音は天へ昇華していくような
感じです(意味不明)。聴き始めと最後で印象の全く違う曲になっていて、すごい、としか言いようがないですw


13.ストロボラスト

 アレンジ3曲の後、続けて本家のストロボラスト。ハローストロボの後に発表された一曲で、Appendミクの囁きが素敵です。マサタカPのMMDPVで聴いたことのある方も多いかもしれません。
 それまでのストロボシリーズの音を継承しつつ、歌詞はそれまでとは違う新しい歌詞が入っていて驚きました。イントロも派手なドラムとギターから、シリーズに使われているコードが入ってくるところも、それまでのとは違うアレンジです。
 また、最後のドアを開けて外に出ていく演出、これにはドキッとさせられます。歩きだしていく僕の姿が見えるというか、生を感じました。


14.さよならリメンバーさん

 ストロボシリーズの原点というべき曲です。管理人もぽわぽわさんを本格的に追いかけ始めたきっかけの曲ですw コードに使われているのはピアノの音で、他のストロボシリーズとは少し違いますが、曲の構成自体はもう完成されています(さよならリメンバーさんの後に発表されたストロボハローも是非聴いてみて下さい。管理人が一番好きな曲だったりしますが、アルバムには収録されていないので)。
  ニコニコでは削除されていますが、半角かたかなさんのPVがありますので、そちらで聴き比べてみるのも良いかもしれません



まとめ


 全ての曲を聴いての感想ですが、「AWARD STROBE HELLO」はぽわぽわさんの成長記です。
 曲は勿論のこと、その曲に書かれた歌詞から見える、ぽわぽわさんの成長です。ストロボシリーズはもちろんのこと、アストロノーツや書き下ろし曲にはそれを強く感じました。他の曲もその歌詞たちに、今悩みながらも歩き続けるぽわぽわさんの姿が見えてきます。
 ここまで作者の姿が見えてくるボカロPの曲はないだろうな、と思います。そしてこの頃ではないと書けない世界観でもあるかもしれません(曲に年齢は関係ありません。が、歌詞の世界は別だと思うのです)。
 と思うのは多分、思春期を過ぎ、もういつの間にか大人になってしまったからかもしれません。その気持ちは大人になると自分も持っていたはずなのに分からなくなっていて、何だか寂しくなったり。
 この時期をこうして曲として表せるぽわぽわさんが、とても羨ましくもあり、あの苦しみはもう嫌だな、とも思う自分がいます。何にせよ、ぽわぽわさんは今、多感で貴重な経験をされていると思います。
 とても共感出来るアルバムです。素敵なアルバム、ありがとうございました。



クロスフェードです↓


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。