4≠4 (irregulars15)

 ボーマス15にて頒布された、ぽわぽわP、ミックスモダンさん主宰の変拍子コンピレーションアルバムです。参加者は他にAMAGIさん、いーえるP、市蔵さん、k_zero+Aさん、ドラ(焼)さん、なきゃむりゃさん、millstonesさん、もちごめさん、Watoさん です。

 このアルバムで言う変拍子とは、拍子が頻繁に変化していること(リズムが最初から最後まで一定ではない)を指しているそうです。様々な拍子で奏でられる楽曲の詰まった素敵なアルバムでした。何分の何拍子とか細かいところは分かりませんorz こまけぇこたぁry 今回もレビュー頑張りますので、よろしくお願いします!
1.日付変更線/もちごめ

 ボーカルはGUMI。イントロからかっこよすぎるロック。ギターのピロピロした細かい音が凄く好きで、よく耳を傾けて楽しんでいます。ギターもドラムも尖った音がしていてかっこいいです。
 変拍子でも違和感なく聴けて身体が揺れてしまいますw 後半の「終末 観衆待つ 装甲車」あたりの展開がお気に入りです。葛藤のぐるぐると、それでも前に! という勢いが感じられて共感しました。始まりに相応しい曲です。


2.進み続ける時間と、変わり続ける世界、町、心の中で唯一変わらないこの空気に故郷と名付けた/ドラ(焼)

 これが一つのタイトルです。長くてびっくりしましたw RPGの世界で流れているような壮大で美しい曲です。ストリングスと鈴の音色が良い味出しています。ルカのコーラスが軽快な感じで良いです。心象風景というイメージでしょうか、曲の空間がふわっと広がっているのが面白いと思います。


3.Halo/ぽわぽわP

 前回レビューしたセピアレコードと関係あるらしい一曲です。トイピアノ(というのを動画版のコメで見かけたので)の高音の響きが儚くて美しい。歌詞にある光を表現しているようにも感じますし、耳にちょっとだけ痛い音の高さは「耳を劈いた。」という歌詞を表現しているようにも感じました。ノイズ混じりのドラム?も好みです(ああ変拍子ってこういうのか、と何となく感じるかと思います)。ミクの可愛い声も何処か儚くて、きゅんとします。


4.カガリビト/millstones

 このブログでは随分と名前を見かけるmillstonesさんの曲ですw しょっぱなからみる節満載です。今まで発表されている曲とは違って少し民族調になっています。ボーカルはAppendミク。
 ずんちゃっちゃずんちゃっちゃ、の三拍子を基本にした曲でしょうか。すごく身体を揺らしたくなります(でも変拍子なので必ずリズムにおっと、と引っ掛かってしまいますwそれがいい)。はっきりしない虚ろな雰囲気が漂っていて好きです。BサビからCメロへの展開がお気に入りです。ここからじわじわっと盛り上げていくところが堪りません・・・・・・!


5.逆さまの世界/AMAGI

 重低音の利いたギターがひたすらかっこいいロックです。耳に響くベースも良い仕事しています。ボーカルはルカ。
 裏側を逆さまと表現している歌詞が素敵です。世界観がとても深いです。自分の中にもそういうところがあるんじゃないかと、思わず考えてしまいます(でもそういう部分もあってそれを認めてこそ見えてくるものもあるんだよなぁとも)。


6.ルサンチマンの海に抱かれて/なきゃむりゃ

 個人的に一番のヒット曲。イントロからぐっと惹き込まれました。ジャズ調(完全ジャズではないと思いますが)のオサレソング。ボーカルはいろは。中性的な歌声が美しいです。これを普通にボカロを知らない人に聴かせたらソフトが歌っているとは誰も気付くまいと思うくらい。高音も綺麗に伸びていて安心して聴けます。
 オケは最初から最後まで大好きです。ドラムのリズムもピアノとウッドベースの音もたまりません。間奏の歌うようなギターも素敵です。「ゆらゆらゆら 揺れる」のメロディーがお気に入りですw
 

7.頭の中のSzkieletor/k_zero+A

 管理人がアンシクロペディストの見た夢からファンになったけーぜろさんの曲ですw ボーカルはミク。声が可愛いです。
 ドラムの刻み方でけーぜろさんだと分かりました(リズムが細かく刻まれて、かつ音の真ん中から外側へばっと広がるドラムの音だと思います)。ベースの進行も相変わらず心地よいです。ピアノの音も軽快で、爽やかさも感じます。
 歌詞に物凄く共感しました。ちょっと胸にグサッときますが、すっきりもするというか。不思議な世界観です。


8.なないろの朝/Wato

 オシャレなピアノミク曲が美しいWatoさんの曲です。これぞ変拍子だなぁと思うくらい、リズムがころころと変わっていきます。軽快にぽんぽんと進んでいくので、違和感を感じない構成です。ボーカルはミク。気持ちよさそうに歌っています。
 このピアノが打ち込みによるものだとは信じられないくらい、美しいです。ピアノがもう既に七色を奏でていてじーんときます。文字通り朝に聴きたい一曲です。気分が乗らない時とか、天気が悪い時に聴いてみると、そのあとのテンションが全然違うので、是非に聴いてみて下さい。幸せになれますw


9.ブロークンハッピーエンド/ミックスモダン

 Watoさんの曲の世界観からがらっと変わって、心がざわつくようなイントロで始まります。ボーカルはGUMI。
 何が不安になるかというと、ピアノの旋律とギターです。歌詞もそうなんですが、心がざわつく曲調と世界観になっています。まさにブロークン。でもその不安にさせるオケの構成が良いなあと思います。「だいきらい」の繰り返しが悲しさと不安を掻き立ててくれます。終盤へのギターも必聴です。


10.スリークイーンズ/いーえるP

 物語仕立ての曲です。ボーカルはAppendミクとリンとルカ。そして可愛い声の語りはどなたでしょうか(すごく語り方が玄人さんみたいなんですが・・・・・・某グループを思い出してしまう・・・・・・のは、狙っているんでしょうか)w←まさかのVOICELOID・・・・・・!! やられました・・・・・・
 オケのストリングスがリアルで良い音だなぁとじっくり聴き入ってしまいます(特にチェロ?かバスの音)。そして尺八と三味線も使われていて面白い構成になっていますねw Bメロの後のギターがかっこいいです。ストリングスも素敵です。


11.ぬるいコーラといかれた時計/市蔵

 ボカロ曲のアレンジで活躍されている市蔵さんのオリジナル曲です。ボーカルはLilyとmikiでしょうか(自信ない)?
 「たんたたんたたんたんたたん♪」のコーラスが凄く気持ちいいです(いかれた時計の針の音を表しているんでしょうか)。細かい音が散りばめられていてすごく綺麗な音です。そして最後には壊れてしまうところまで表現されていて、圧倒されてしまいました。この曲はじわじわきます。オススメです!



まとめ


 どの曲もいつも聴いている曲とはちょっと違うリズムなので、聴いていてとても楽しく、そしていつの間にか身体を揺らしたりリズムをとったりしていましたw 人によっては変拍子に違和感を感じるかもしれませんが、こういう曲もあるんだよ、と教えてくれるきっかけに、このアルバムがなるかもしれません。一部の曲はニコニコにも上がっていますので、是非聴いてみて、気に入ったらCDをぽちってみて下さい。かなりお勧めします。買って良かったと思える作品に仕上がっています。是非!


クロスフェードです
 

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。