AVTechNO↑(AVTechNO!)

 AVTechNO!さんとはエレクトロニカを中心としたたくさんの楽曲を発表されているボカロPです。一曲に何種類ものアレンジを作ったり、相対するテーマの曲を作ったり、発表した曲数が膨大だったりする凄い方です(現在ほとんどの曲は削除済みですが、KarenTで配信されています)。そしていつも視聴者を大事にする謙虚な姿勢があって好感が持てます。
 以前ELECTROCUTICAプロデュースでDYEを中心としたアルバムを発表されていますが、今回のアルバムはAVTechNO!さんお気に入りの曲と新曲、そしてRemixが収録されています。
1.Darkness 6

 原曲は「6」というミクに歌わせた一曲です。第六感のことを表しているのでしょうか。このアレンジではレンが歌っています。原曲がヴイヴイいっている音に刺激されるのに対して、こちらは荘厳で、ラスボス的なアレンジで心が震えます。
 メロで鳴っている低いストリングスの音が心地よく、そしてバックのサンプリング?されたコーラスががつんときます。イントロからクライマックスです。サビでぐわっ!!と広がる音の空間はたまりません。間奏の迫力にも圧倒されるのは間違いなしです。オススメです!!


2.9

 6と合わせて発表された一曲。英語ライブラリのルカが日本語で歌います(聴きとりにくいかもしれませんが、調教はかなり大変なことだと思われ。しっかり耳を傾けてみて下さい><)! 歌詞がひたすらかっこいい曲です。
 そしてオケも色んな音が細かく重なり合ってぶわっぶわっと襲ってきます。音の波が動と静のバランスを持ちながらも、たえまなく耳をくすぐります。サビではオケのリズムに合わせて身体を思わず揺らしてしまうくらい。最後にミクのコーラスが入っていて(じゃないの?じゃないか? という歌詞)、ルカとやり取りしているような感じも凄く好きです。


3.+(plus)

 エレクトロニカの曲が多い阿部さんにしては珍しくロックテイストな一曲。重低音の利いたギターとドラムがかっこいいです。深い歌詞にも注目。落ち込んだ時に聴きたい一曲です。
 ちょっとかすれたミクの声ですが、その高音は力強く、サビでぐっときます。プラスするんだ、という叫びのような歌声がたまりません。


4.-(minus)

 +と対になる一曲。こちらは+とは逆の歌詞の世界観が面白いです。ネガティブだろ!に始まる歌詞とメロディーが繰り返される構成です。重低音の利いたギターと、ベースが良い味出しています。
 人間誰しもあるネガティブな気持ちをまっすぐに歌詞に書き、ハスキーボイスなミクが叫ぶように歌う。管理人は曲がベースのみで一端静かになったかと思ったところに、左から右へとぐわんぐわん鳴るギターで「うわああああ」となりましたw これはやられました。すごい曲です。


5.FREE

 元々はルカとレンが歌っていた曲でしたが、アルバムの為に再構成された曲の中でもかなり力入ってます。
 イントロのべべーんべっべべーん♪のベース?が好きです。そしてルカの英語からじわじわと音圧が上がって来て、FREE~の歌声で音の波がぶわっときます。ちょっと尖った音が鳴っているのも良いですねw もうここが好きすぎてたまりませんw
 メロはルカの英語です。囁くような綺麗な歌声が心地よいです。サビをミクが日本語で歌い、バックではルカが英語で歌っています。この調和が本当に美しいです。
 個人的にBメロも好きです。ここで一端静かに力を溜めていっているような展開から、Bサビに繋がっていくところがたまりません。そして最後は最初に鳴っていたベース音で締め。アルバムの中で一番好きです。このまま溺れたいくらいですw


6.kimi no/SAKURA

 元々はLilyの体験版に歌わせていた一曲です。ボーカルはミクに変わっています。SAKURAというのは他の曲でもついている名前で、バラード調のアレンジにつけられているようです。この曲にも他のアレンジが出てくるかもなぁと思いつつ、このバラードはすごくきゅんときます。
 まず歌詞が物凄く女性視点で書かれています(すごく共感出来ます。阿部さんは男性なのにこんな歌詞も書けるとは驚き)。恋愛が散りばめられている素敵な曲です。切ない気持ちを綺麗に歌い上げている一曲です。
 最後のサビはミクのサビがバックで重なり、ルカの英語も入って来る。曲に広がりが出ていてすごく綺麗です。短い曲なので、もう少し長く聴いていたいです。


7.sobani

 kimi noと対になる曲です。Appendミク使用。ストレートな想いが乗った歌詞が素敵です(いや本当にこうなれたら幸せでしょうね・・・・・・)。ハイハットの音が心地よいです。ドラムの音も個人的に好み。
 最初から最後まで落ち着いた曲調と、囁くようなミクの歌声が調和しています。ふわりふわりとした音の使い方が綺麗で好きです。 
 
 

8.ZOU+ millstones...Remix

 以前ELECTROCUTICAコンピアルバムで一緒だったmillstonesさんがRemix参加です。イントロのピアノの旋律と細かく刻まれているドラムンでmillstonesさんと分かる安心のアレンジです(謎)。Appendミク使用。
 原曲もかっこいいのですが、このアレンジもとてもかっこいいです。スタイリッシュな感じがして良いですね。
 後半につれてテンポがどんどん速くなっていって、何かに追われているようなそんな錯覚に陥りそうになりますw 最後は元々のテンポに戻って、終わり方もmillstonesさんの使う音だなぁ・・・・・・って思いました。バックコーラスにルカがいるような・・・・・・気のせいでしょうか?


9.desire...Remix

 millstonesさんと同じくコンピで一緒だった八王子Pこと8#Princeさん。この曲は管理人が参加できなかったボーマスの日にうpされた曲なので物凄く思い入れがありますw 曲の内容にはエロスを感じます。八王子Pのアレンジは更にそのエロスがオシャレに更にエロく表現されていると思います。
 ヴーヴー低音が効いていて、この音が堪りません。ジャンルはハウスで良いのでしょうか、物凄くかっこいいです。淡々と歌いつつちょっと大人の雰囲気が漂うミクの声も必聴。


10.boku-boku SuketchP...Remix

 すけっちPのアレンジによるboku-bokuです。原曲の良さを残しつつピアノを入れていて、オシャレな音が更に増えた印象を受けます。そして例の早口の部分、歌詞カードが呪文のようにぎっしりと詰まっていますw
 動と静のバランスの絶妙さも残っていて、それでいてずっと身体を揺らしたくなるアレンジです。個人的にアレンジでは一番好きです。


11.NEL Dog tails...Remix

 NELのアレンジ。Dog tailsさんは作曲(ボカロ曲やインスト)や歌を発表されている方です。
 NELの世界観がぶわっと広がっているアレンジです。音圧とか、音の数とか、ミクの歌声の響き方がパないです。ディスコで流れていそうなかっこいいアレンジになっています。イントロが個人的にお気に入りです。ミクの歌声が次第に聴こえてくる演出がたまりません。ぞくぞくきます。


12.believe

 再び阿部さんの曲で、新曲です。ボーカルはSAIYAとあるので、歌ってみたからデビューした祭屋さんでしょうか? 歌詞は終盤までずっと同じで、ほぼ同じメロディーで続いていきます。が、だんだんと音が増えていきます。コーラスからぶあぁ~~ん、と音が上がっていくところからの焦らし、最後へ持っていくところが好きです。 
 いつの間にか終わっている不思議な曲です。静かに始まり、盛り上がり、静かに終わっていく。圧倒されました。


13.Extra Track

 歌詞カードではおわりに...と銘打ってあります。ハンドクラップが心地よい曲。歌詞はFREEとリンクしているようです。
 このアルバムが出る前に阿部さんも色々大変でしたので、この曲を聴いて何だかほっとしました。何かあっても前向きに生きていけるように自分もなりたいなと思いつつ、しみじみと聴いてしまう一曲です。癒されます。



まとめ

 曲のデータを保存していたHDD破損というハプニングもあって、アルバムに収録された曲は比較的新しいもので構成されていますが、データが破損した曲も新たにオケを作り直し、更にパワーアップしていました。原曲を知っている方はその違いも楽しめるのではないでしょうか。また、アレンジも素晴らしいものばかりでどの曲も耳が幸せでした。
 そうそうたる方々のミキサーを手がけていらっしゃる方がマスタリングされただけあって、音もとても聴きやすいです。和音さんが手がけたイラストもかっこよくて壁紙DLしましたw
 今から次のアルバムも楽しみでなりません。阿部さんがこれからも大好きな音楽で、たくさんの良い曲が発表できるよう祈っております!! このアルバム名盤です!! 是非聴いてほしいです!!



クロスフェードです(音量注意)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。